浮気調査を依頼

探偵会社に浮気調査を依頼する前に必ず準備しておくべきことをお伝えいたします。


浮気調査の準備がなされていないと、探偵もどこへ調査をしにいったらいいかわからずに無駄に時間を費やしてしまい、時間と共にお金もかかってしまいます。

相談無料24時間受付中 原一探偵
nagare.gif

浮気調査を探偵に依頼する場合、まずは依頼する相手の行動パターンを知っておくことが肝心です。
例えばパートナーが家にいて夜携帯電話でメールのやりとりをしていたとします。

そしてその翌日帰宅時間が遅いとなると浮気相手と会う約束をしていたことになっています。
このように浮気相手といつ会っているのかわかると浮気調査がやりやすくなります。

探偵会社などを選ぶときに一番気になるのは料金ではないでしょうか。

浮気調査を依頼して発生するトラブルで一番多いのも料金に関するものです。

このようなトラブルを避けるためには浮気調査を依頼する前に見積書をだしてもらうことです。
  



img_price_01.gif
原一探偵事務所

少しでも気になることは日時と共に必ずメモをとるようにしましょう。
そのときにはおかしいと思わないことでもあとから読み返すと何かおかしいと思うかもしれません。
さらにそのメモに普段の夫や妻の言動、帰宅時間、車の走行距離なども書いておく ともっと良いと言えます。
原一探偵事務所p3.jpg
toku_02.jpg





浮気チェック方法

005.jpg

自分でできる簡単な浮気チェック方を紹介していきます。 


浮気調査(最近では、GPSを利用して所在地を調べる方法もありますね)を探偵会社などに依頼する前にひとまずこれでチェックをしてみて下さい。


今まで相手に浮気の疑念を抱きつつずっと苦しんで生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)を続けてきた方にはいらっしゃるかもしれませんねすぐにこのチェックを実践してほしいものだといえます。


自分で行うことのできる浮気調査のチェック法、気軽に浮気がチェックする事が出来る項目ばかりです。






とりあえず携帯電話に関する事です。


現在のご時世携帯(本体価格は意外と高いものですよね)電話を調査すれば浮気を行っているかどうか伺えます。


今までの話と若干重複する所もあるでしょうがチェック法の項目としてまとめて掲載します。


・携帯電話を常に近くにおいて家の中にも手放さない。


・携帯(最近では、小学生に持たせる親も少なくありません)電話に電話をする事により話し中であったり電源が切られていたりすることがことも少なくない。


・家でも外でも頻繁にメール(パソコンだけでなく、携帯電話でもやりとりができますね)をしている


・携帯(最近では、小学生に持たせる親も少なくありません)電話が鳴ったらその場で取らずに離れて話す。


・携帯(最近では、小学生に持たせる親も少なくありません)電話を複数持っている。


・電話がかかってきたときに出てすぐに「折り返します」といっても切ってしまうことがある。


・携帯電話を触ると怒る。


・携帯電話の料金が高くなった。


・携帯(カメラ機能や音楽機能を重視する人も多いでしょう)電話に常にロックをかけている。


・着信履歴やメール(コンピューターのネットワークを利用して、メッセージを交換する通信手段の一種です)の送受信を消去している形跡がある。


・通話明細を取り寄せてみたとき、同じ番号ばかりにかけている。



次は車に関してです。


車は家族も使ってみる車なのでもしも他の人を乗せている形跡があればすぐにわかります。


抜き打ち調査して見ると意外なものが見つかるかもしれませんよね。


・車内に見慣れないキーホルダーやぬいぐるみ、CDなどが置いてある。


・近場所に少し出かけるだけでも車を使用する。


・車の掃除を以前よりもよくすることが多くなった。


・ガソリンの給油回数が以前よりも増えた。


・助手席の椅子(ロッキングチェアやマッサージチェアに憧れる人も少なくないのではないでしょうか)の位置やミラー、エアコン(ユニットの形態には、一体型、リモートコンデンサ型、リモートコンデンシングユニット型、マルチ式などがあります)の噴出し口の角度が変わっていることがある。

浮気調査の基本

車関係の浮気調査のチェック項目は先程も述べましたが更に言うと。


車内のサイドポケット(服のポケットに入るくらいコンパクトな製品をポケットサイズなんて表現します)やサンバイザー、ダッシュボードなどに高速やレストランなどの領収証が残されている場合もあるそうです。


チェックしてみて下さいね。


そして車の走行距離はこまめにチェックしておきましょう。


これは浮気調査(親や子供が心配して調査を依頼することもあるのだとか)の基本です。



次は時間チェックです。


浮気調査(最近では、GPSを利用して所在地を調べる方法もありますね)の基本として毎日の時間チェックは必要不可欠項目です。


基本的に人間の行動はパターン化されているのです。


朝起きて、会社に行くのに電車に乗る、仕事をする、帰宅する全ての時間はほとんど変わらないとなっているんです。


このパターン化された生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)をしばらく確認していくと空白の時間を知る事ができます。


例えば日頃は電車にこれから乗るとメールをくれたのに帰宅時間が毎日遅くなり浮気調査(行動的な人ならノウハウを調べて、自分で証拠を揃えることもあるでしょう)をして見れね、その際間が浮気をしていた時間だっただといえるでしょう。


しかし空白の時間があったからといって全てが浮気に通じるわけではありませんから、注意にして下さいね。



それ以外のチェック項目として。


・ご自身の話をあまり聞いてくれなくなった、関心を持たない。


・金遣いが荒くなった。


・帰宅時間がだんだん遅くなってきた。


・やたらと理由をつけて外出することが多くなった。


・積極的に自分の住居の電話に出るようになった。


・無言電話がかかってくる。


・いつも決まった曜日に遅く帰ってくる。


・趣味(近年ではネットを使って盛り上がったりすることもできますね)や好きな音楽(複?の音を組み合わせて感情などを表現したものをいいます)が変わった。


・夫婦の夜の営みを拒絶する。



今までに述べた全ての浮気チェック項目の中で5つ以上当てはまれば危険です。


10個以上あった人はかなり浮気を行っている可能性が高いと思います。


浮気調査を依頼してみる価値があるみたいです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。