浮気チェック方法

005.jpg

自分でできる簡単な浮気チェック方を紹介していきます。 


浮気調査(最近では、GPSを利用して所在地を調べる方法もありますね)を探偵会社などに依頼する前にひとまずこれでチェックをしてみて下さい。


今まで相手に浮気の疑念を抱きつつずっと苦しんで生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)を続けてきた方にはいらっしゃるかもしれませんねすぐにこのチェックを実践してほしいものだといえます。


自分で行うことのできる浮気調査のチェック法、気軽に浮気がチェックする事が出来る項目ばかりです。






とりあえず携帯電話に関する事です。


現在のご時世携帯(本体価格は意外と高いものですよね)電話を調査すれば浮気を行っているかどうか伺えます。


今までの話と若干重複する所もあるでしょうがチェック法の項目としてまとめて掲載します。


・携帯電話を常に近くにおいて家の中にも手放さない。


・携帯(最近では、小学生に持たせる親も少なくありません)電話に電話をする事により話し中であったり電源が切られていたりすることがことも少なくない。


・家でも外でも頻繁にメール(パソコンだけでなく、携帯電話でもやりとりができますね)をしている


・携帯(最近では、小学生に持たせる親も少なくありません)電話が鳴ったらその場で取らずに離れて話す。


・携帯(最近では、小学生に持たせる親も少なくありません)電話を複数持っている。


・電話がかかってきたときに出てすぐに「折り返します」といっても切ってしまうことがある。


・携帯電話を触ると怒る。


・携帯電話の料金が高くなった。


・携帯(カメラ機能や音楽機能を重視する人も多いでしょう)電話に常にロックをかけている。


・着信履歴やメール(コンピューターのネットワークを利用して、メッセージを交換する通信手段の一種です)の送受信を消去している形跡がある。


・通話明細を取り寄せてみたとき、同じ番号ばかりにかけている。



次は車に関してです。


車は家族も使ってみる車なのでもしも他の人を乗せている形跡があればすぐにわかります。


抜き打ち調査して見ると意外なものが見つかるかもしれませんよね。


・車内に見慣れないキーホルダーやぬいぐるみ、CDなどが置いてある。


・近場所に少し出かけるだけでも車を使用する。


・車の掃除を以前よりもよくすることが多くなった。


・ガソリンの給油回数が以前よりも増えた。


・助手席の椅子(ロッキングチェアやマッサージチェアに憧れる人も少なくないのではないでしょうか)の位置やミラー、エアコン(ユニットの形態には、一体型、リモートコンデンサ型、リモートコンデンシングユニット型、マルチ式などがあります)の噴出し口の角度が変わっていることがある。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。