浮気調査の基本

車関係の浮気調査のチェック項目は先程も述べましたが更に言うと。


車内のサイドポケット(服のポケットに入るくらいコンパクトな製品をポケットサイズなんて表現します)やサンバイザー、ダッシュボードなどに高速やレストランなどの領収証が残されている場合もあるそうです。


チェックしてみて下さいね。


そして車の走行距離はこまめにチェックしておきましょう。


これは浮気調査(親や子供が心配して調査を依頼することもあるのだとか)の基本です。



次は時間チェックです。


浮気調査(最近では、GPSを利用して所在地を調べる方法もありますね)の基本として毎日の時間チェックは必要不可欠項目です。


基本的に人間の行動はパターン化されているのです。


朝起きて、会社に行くのに電車に乗る、仕事をする、帰宅する全ての時間はほとんど変わらないとなっているんです。


このパターン化された生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)をしばらく確認していくと空白の時間を知る事ができます。


例えば日頃は電車にこれから乗るとメールをくれたのに帰宅時間が毎日遅くなり浮気調査(行動的な人ならノウハウを調べて、自分で証拠を揃えることもあるでしょう)をして見れね、その際間が浮気をしていた時間だっただといえるでしょう。


しかし空白の時間があったからといって全てが浮気に通じるわけではありませんから、注意にして下さいね。



それ以外のチェック項目として。


・ご自身の話をあまり聞いてくれなくなった、関心を持たない。


・金遣いが荒くなった。


・帰宅時間がだんだん遅くなってきた。


・やたらと理由をつけて外出することが多くなった。


・積極的に自分の住居の電話に出るようになった。


・無言電話がかかってくる。


・いつも決まった曜日に遅く帰ってくる。


・趣味(近年ではネットを使って盛り上がったりすることもできますね)や好きな音楽(複?の音を組み合わせて感情などを表現したものをいいます)が変わった。


・夫婦の夜の営みを拒絶する。



今までに述べた全ての浮気チェック項目の中で5つ以上当てはまれば危険です。


10個以上あった人はかなり浮気を行っている可能性が高いと思います。


浮気調査を依頼してみる価値があるみたいです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。